みかん肌が治らない理由!それ、間違った対処法ですよ?

あなたがみかん肌を直そうと頑張ってスキンケアをしているかもしれませんが、それは実は逆効果かもしれません。

間違った対処法をやり続けているとみかん肌は治らないどころかどんどんとひどくなっていってしまいます。

ここではやってしまいがちなみかん肌が治らない理由や対策などについて解説。

以下に該当する方はこれからしっかりとした対処法をしていかなければ一生みかん肌に付き合っていかなければなりませんよ。

逆に今記事でしっかりとみかん肌治らない理由を理解し、正しい対処法をしていくことでみかん肌を改善する事ができます。

 

みかん肌の症状とは?

みかん肌の症状とはざっくり言えば、毛穴が開き、みかんのようにデコボコしてしまっている状態。

そしてみかん肌になってしまうほとんどの原因は乾燥です。

あなたは乾燥肌ではありませんか?
乾燥するとみかん肌になってしまう可能性が非常に高くなります。
また、乾燥状態が続いているのであればみかん肌が一向に治らない原因にもなります。

乾燥によってなぜみかん肌になってしまうのかというと、それは皮脂の分泌が過剰になってしまうことが原因です。
肌は水分が少なくなると皮脂という脂を分泌して何とか水分を逃すまいと頑張ります。

皮脂が大量に分泌され始めると、皮脂の出口は大きくなってしまい、それに比例して毛穴も大きくなり結果的にみかん肌になってしまうのです。

 

みかん肌が治らない人がやってしまいがちな対策

ピーリング

みかん肌を治すために古い角質を取ろうとピーリングをしていませんか?
ピーリングは病院で行っても自宅で行ってもあまり肌に良いものとは言えません。

その理由はピーリングは古い角質を溶かして肌を綺麗にするものだからです。
角質を溶かすことにより肌も薄くなってしまいます。

肌が薄くなってしまうと水分を蓄えておく体積も少なくなってしまい、結果的に乾燥肌になってしまうのです。

乾燥肌になってしまえば上記で言った通りみかん肌となってしまいます。

ですからピーリングではみかん肌は治らないですよ。
ピーリングは角質を取るための最終手段として行うようにしましょう。

 

ゴシゴシと洗顔する

みかん肌はデコボコした毛穴がたくさんできてしまう症状です。

毛穴が大きくなってしまうともちろん汚れも溜まりやすくなってしまいます。

汚れが溜まってしまうとみかん肌がひどくなってしまったように見えてしまうので、何とかその汚れを取ろうと頑張って洗顔しがち。

皆さんに共通して言えることですが、「初めのうちは洗顔で毛穴の中の汚れを取るのが目的」かもしれませんが、そのうち「みかん肌を治すための洗顔」になってしまいます。
そうなってしまうとゴシゴシと擦ってしまうようになってしまうのです。

正直みかん肌は、乾燥が原因ですのでいくら洗顔を頑張っても治らないです。

それどころか、大きな摩擦を加えて洗顔をする事は肌の表面をボロボロにしてしまいます。
肌の表面がボロボロになってしまえば、そのボロボロの隙間から水分が逃げるようになってしまい、悪循環を生み出してしまうのです。

ですから頑張って洗顔をしている方は今すぐやめてください。
洗顔は顔の汚れを取るだけしかできません。
頑張ってもみかん肌は治りませんよ。
洗顔は今まで通り優しい力で汚れ落とし程度で。

 

クレンジングの乱用

みかん肌になってしまうと、とりあえずクレンジングで肌の表面を綺麗にしなければならないという謎の使命感に襲われてしまうかもしれません。

たしかにクレンジングを行うことにより、肌の表面を綺麗にし、みかん肌を改善につなげることはできます。
ですがあくまでもクレンジングは顔の表面の汚れや油を取ることにより、「みかん肌を治す成分の浸透力を上げる土台作り」しかできません。

ですから、非常に強いクレンジング料使ってしまうと、敏感になっているみかん肌にはとても大きなダメージを与えてしまいますし、クレンジングだけでは治らないのです。

大きなダメージが加わると肌に傷が生じそこから水分が逃げようになってしまいますよね。
何回も言いますが、乾燥はみかん肌の一番の原因。

クレンジングはあくまでもみかん肌改善の土台作り。
みかん肌を改善するためにクレンジングは必要ですが直接的に治る要因にはなりません。

そのあとの美容成分が重要なのです。
クレンジング後の美容成分については、島に解説していきますね。

 

ファンデーションで隠している

デコボコしたみかん肌を一時的に綺麗にしたいのであればファンデーションはおすすめ。
ですがあくまでも凸凹肌をファンデーションで一時的に隠しているだけにしか過ぎません。

メイク落としファンデを取った後に、また現実に引き戻されることでしょう。

ファンデーションで隠し続けている人はこれからもずっとファンデーションでみかんを隠し続けなければなりません。

いつまでたってもみかん肌が治らないからといってファンデーションで隠し続けるだけで良いでしょうか?
みかん肌を改善するにはファンデーションで隠すのではなく、美容成分を使ってみかんの改善していかなければならないのです。

もちろん「明日は大事な用事がある」などというときには、一時的にファンデーションで隠すのは OK 。
ダメなのは一生ファンデーションで隠し続けて11てしまうことです。

 

パック

多くの方がみかん肌になるとパックを使用して角栓や毛穴汚れを取って解消しようとします。
たしかに毛穴や角栓はパックで解消する事ができますが、みかん肌を解消しているわけではありません。

みかん肌というのは毛穴が大きく開いた状態。
毛穴が大きく開いた状態は汚れが非常に溜まりやすい状態。

ですからみかん肌自体を直さなければ、その大きく開いた毛穴には今よりももっと汚れや角栓が詰まりやすくなっているので、今後は、何回も顔のパックをしなければなりません。

さらに、パックは角栓や毛穴汚れを強制的に引き剥がすので、肌に大きなダメージを加えてしまいます。

パックをしたことがある方はわかるかもしれませんが、パックを剥がした後、肌がとても痛んでいませんか?
その状態は毛穴の汚れや角栓と一緒に皮膚の組織も一緒に引き剥がしてしまっている状態。
その状態は非常に水分が逃げやすくなっています。

ですから、角栓や毛穴汚れは一時期的に取れたとしても、皮膚が壊れてしまうため、今よりも余計にみかん肌がひどくなってしまい毛穴が大きくなってしまいます。
そうなると汚れが溜まりやすくなり、今よりも角栓や黒ずみが増えてしまうのです。

ですからパックでみかん肌は治らないということになります。
みかん肌が治らないどころか余計にひどくさせてしまう原因なのでパックの使用は今すぐやめましょう。

MEMO

パックで汚れを取るのではなく、パックで美容成分を浸透させるという目的であればパックの使用はOKです。

 

メイクを落とさず寝てしまう

メイクを落とさずに寝てしまうという事は、それだけ肌にダメージを与えています。

また、メイクを落とさないまま寝てしまうと毛穴の奥にメイクが固まってこびりついてしまい毛穴の黒ずみの原因や角栓の原因となります。

特にみかん肌は消えない広がっている状態。
その状態で寝てしまうと多くのメイクが毛穴の中に入り込んだままになってしまうのです。

毛穴の中にメイク残りの量が多ければ多いほどみかん肌はどんどんと治りづらくなっていきます。

せっかくスキンケアをしてもメイクを落とさずに寝てしまうのはみかん肌が治らない原因。

毎日しっかりとスキンケアをしているのに、全然みかん肌が治らないなぁと思っている方は、時々メイクを落とさずに寝てしまっている時はないでしょうか。

そのような気が少しでもあればみかん肌は治らないです。
ササッとメイクを落とすだけでもですから、みかん肌が治らないと思うのであれば、スキンケアだけではなく、メイク落としにも気を使ってくださいね。

 

過剰なスキンケア

みかん肌をいち早く直そうと毎日頑張ってスキンケアをする。
これはとても良いことですが少しだけ注意が必要。

その理由は、気持ちだけが先走りしまい多くの美容成分を与えすぎてしまったり、またはいくつものクリームを重ねて塗りたくるということをしてしまうからです。。
これは過剰なスキンケアとなってしまうい、逆に肌に悪い影響を与えてしまいます。

特に脂分の多い乳液やクリームを何度も何度も重ねづけしてしまうと、過剰な油分となってしまいみかん肌以外に、ニキビや吹き出物など様々な肌トラブルに見舞われてしまう可能性もあります。

みかん肌が治らないから焦ってしまい、早く治したいという気持ち気持ちだけが先走ってしまいます。
ですが、過剰なスキンケアにならないようにしましょう。

適切なスキンケアがみかん肌をいち早く治すコツ。

 

これらは全部無駄!

 

  • ピーリング
  • 洗顔
  • クレンジングの乱用を
  • 隠し続けるファンデーション
  • パック
  • 過剰なスキンケア

 

上記で説明したのはみかん肌が治らない人がやってしまいがちな対策。

上記のスキンケアをしている人は今すぐやめてください。

ハッキリ言って全くの無駄。
それどころか逆効果の可能性もあります。

でもクレンジングややスキンケアを行っていかなければみかん肌は治りません。
では何をやってもみかん肌が治らない人はどのように適切なスキンケアをしていけばよいのでしょうか。

 

 

みかん肌は保湿力を高める、それだけ。

 

保湿力で変わるみかん肌

本当にシンプルな話なのですがみかん肌を治すのであれば保湿力を高めるたったのこれだけで簡単に改善する事ができます。

みかん肌が治らないと悩んでいたのがバカらしくなってしまうほど簡単ですよね。

みかん肌の原因は乾燥による毛穴の開きが原因。

冒頭でもお話しましたが、肌が乾燥すると皮膚は何とか水分を蓄えようと油のバリアを出して保湿しようとします。
油のバリアとはいわゆる皮脂の事。

皮脂が大量に分泌されるにつれ、効率よく分泌するために分泌腺の出口が大きくなってしまいます。
するとそれに比例して毛穴も広がってしまうのです。

ですから、全ての原因は乾燥。

逆に乾燥していなければ皮膚は頑張って皮脂を出そうとしないので、皮脂線の出口もそれにつれて小さくなっていきます。
皮脂の出口が小さくなれば毛穴の広がりも小さくなるので、最終的にはみかん肌を改善する事ができるのです。

みかん肌の全ての原因は保湿できていないということに納得していただけましたか?

 

保湿ならセラミド

では保湿をするためにはどのような成分が必要なのでしょうか。

それにはセラミドという成分が必要です。

セラミドは肌のキメを整え水分が逃げてしまう道をふさいでくれます。

乾燥肌の方は肌のキメが粗くないですか?
それはセラミドが足りていないから肌のキメも悪く、さらにその隙間から水分が逃げてしまうのです。

ですから肌にセラミドを増やすことにより、セラミドのバリアが水分を逃がさないようにするので保湿する事ができます。

みかん肌が治らない方はほとんどセラミドが肌にないのです。

みかん肌を改善したいのであればセラミドを増やしていくスキンケアをしましょう。

 

みかん肌の根治なら!

ライスパワーNo.11

みかん肌は根本的にセラミドが足りていないことによる乾燥が原因ということが分かりましたね。

そこで使用していただきたいのはライスパワーNo.11という成分。

ライスパワーNo.11は肌がセラミドを生み出すように変えていくことができます。
これができるのは様々な美容成分の中でライスパワーNo.11だけ。

ですから、みかん肌を治したいのであればライスパワーNo.11を含んでいる化粧品を使用するようにしましょう。
しかし、ライスパワーNo.11はあまり日本では浸透しておらず、配合されている化粧品も非常に少ないです。

以下では数少ないライスパワーNo.11を含んでいる高品質な化粧水と乳液それぞれご紹介しますね。

 

化粧水のライースリペア

raiz みかん肌が治らない理由!それ、間違った対処法ですよ?

ライースリペアのここがオススメ!

ライースリペアは、お酒の知識が豊富な酒造で作られている化粧水。
セラミドを増やす成分であるライスパワーNo.11はお酒の原料であるお米から抽出されるものなので、酒造ノウハウを使用して作られているライースリペアはとても高品質と言えるのです。

また、ライースリペアは化粧水に加え、美容液とクリームも付属してくるので、自分の肌の状態に合わせて油分の追加など調整できるのも非常に嬉しいですね。

どれだけスキンケアをしてもみかん肌が治らないと思っていた方に絶対に使っていただきたい化粧水。

ライースリペアを使用したら「みかん肌が治らない!と」もう悩むことはないでしょう。

 

 

 

乳液のライスビギン

raiz みかん肌が治らない理由!それ、間違った対処法ですよ?

ライスビギンのここがオススメ

ライスビギンにはライスパワーNo.11が含まれているので、肌にセラミドを増やし、みかん肌を改善して解消することが可能です。

またライスビギンの一番の特徴としては、その効能が審査機関により評価されているということ。
これにより、効率よく肌の保湿を行うことができるようになり、みかん肌を改善していくことができるのです。

ライスビギンはオールインワンタイプなので、ライスパワーNo.11を肌に与えるだけではなく様々な美容成分を補うことも可能

ですから、年齢が目立ってきがちな30代以降の方におすすめの乳液となっています。

 

 

 

みかん肌が治らない理由まとめ

あなたのみかん肌が治らなかった原因が分かりましたでしょうか?

その多くは気持ちだけが先走り間違ったスキンケアをしてしまうから。という事でした。

みかん肌が治らないと思う方は、そんなに深く考えずにもう少しシンプルに考えましょう。
みかん肌の原因は主に乾燥なのですから。

さて上記ではみかん肌におすすめの化粧水と乳液を紹介しました。

以下の記事ではみかん肌を改善するための手順を順番にまとめていますので、併せてご覧ください。

 

あわせて読みたい>>>みかん肌を改善解消!この治し方ならもうボコボコ肌にも悩みません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です